メイン 現在公共施設における犬の規制」,

公共施設における犬の規制」,

現在 : 公共施設における犬の規制」,

犬が公共の場所にアクセスするための許可はますます増えています。スペインの規制は、さまざまな社会的空間で飼い主と一緒にペットの入場を容易にするという国際的な傾向に加わっています

弁護士によって書かれ、検証された フランシスコマリアガルシア 2019年8月14日.

最後の更新: 2019年8月14日

幸運にも, ますます多くの公共施設がペットや犬に優しい政策を採用することを決定しています. これは、バー、レストラン、ショップなどの公共施設で犬と一緒に楽しむことができることを意味します。.

同様に、公共施設での犬の永続性に関する現在の規制を知ることは重要です. このようにして、私たちは所有者としての権利だけでなく、 これらの共通の空間で尊重する必要のある制限と条件.

公共施設の犬:この問題に関する国内規制はありますか?

不幸にも, スペインで 国家レベルでの規制や枠組み法はまだありません 公共施設での犬の永続性について話す.

各自治州には独自の条例があります。これらの規制は、 すべての店舗および施設で尊重されなければならない衛生および衛生状態 公衆にサービスを提供する.

一方で, 犬の保護者の義務と責任も予見されます. たとえば、公道での犬の糞の放棄は、大多数の自治州で犯罪と見なされており、所有者に200〜3000ユーロの罰金が科せられます。.

また、一般的に これらの条例は、ペットのために特別に設計された公共スペースの作成を促進します。 とその指導者. たとえば、ペットとのレクリエーションやトレーニングのために特別に装備された場所。これは特に犬の場合に起こります.

公共施設への犬の立ち入りに関する地域の規制と制限

バー、レストラン、ホテルなど、州とは関係のない公共施設について話すと、問題はより複雑になり、より厳しい規制が必要になります。.

地域の規制はペットに優しいスペースの作成を奨励​​することができますが、それでも 飼い主が犬の永続性を困難にしたり制限したりする条件を確立できるようにする 彼らの店で.

したがって、実際には これらの施設での犬の永続性は、多くの場合、所有者または各プロパティの責任者の特定の決定に依存することになります. ただし、一部の自治州には、公的および私的施設で犬の永続性を促進しようとする条例がすでにあることを覚えておく必要があります。.

目標は、保護者により多くの法的文書を提供することであるようです, 犬と一緒に特定の施設に頻繁に行く可能性を守るため.

同時に、それは約です 所有者または所有者が地域の規制に訴える可能性のある特定の状況を定義する あなたのビジネスへの動物の侵入を制限または防止するため.

アンダルシアの動物保護法の例

例として、 の第14条 アンダルシアの動物保護法, これは明確にそれを決定します:

「ペットは、ホテル、レストラン、バー、居酒屋、および施設の所有者が特定の入場条件を決定したときに飲み物や食事が消費されるその他の公共施設へのアクセスが制限される場合があります。. この場合、施設の外から見える、それを示す独特のサインを示さなければなりません ".

このテキストでは、 犬は詳細な施設で許可されるべきです. したがって、飼い主または飼い主は、ペットと一緒に保護者のアクセスを制限したい場合に備えて、現在の規制に従って議論を提示する必要がある行政承認を要求する必要があります。.

プロセス全体を通して、そして許可が得られた場合、施設は施設の入り口に独特のシールを表示する必要があります.

ただし、同じ規制で次のように定義されています 食品の製造、販売、保管、輸送を目的とした施設への動物の立ち入りは禁止されています. また、スポーツ施設、公共のショー、その他の同様の公共施設へのペットのアクセスの禁止または制限も規定しています。.

盲導犬または公共施設での盲導犬の滞在

地域規制の特殊なケースは、公共施設での盲導犬の永続性です。. この種の介助動物の侵入と滞在を防ぐことはできません;この認可は、食品の調理や販売を行う企業の場合、または公共のイベントやスポーツの祭典でも機能します。.

結論を出す前に、それは言及する価値があります ますます多くの飼い主が彼らの施設で犬の永続性を促進することを決定します。 このために、彼らの収入を改善する可能性が考慮され、また国際社会でますます力と声を獲得しているペットに優しいトレンドに参加します.

カテゴリ:
Scolopendra gigantea:飼育下での世話と繁殖
猫の条虫:あなたが知る必要があるすべて